Home > 自然と親しむ

alt

蔵王連邦を背景にのびやかに広がる七日原の草原は、東京ドームの約20倍(約100ha)もあり、大いなる大自然の懐ならではの清らかな水と空気・気候と土壌に恵まれた母なる大地です。
のどやかに草を食む牛たちの姿は平和そのもの。高原を渡る風も爽やかに、ゆっくりと時が流れるふる里です。

 

蔵王・七日原の四季

alt alt alt

 七日原の春は遅く 桜の開花も4月下旬… 蔵王の山にも残雪が多く宮城、山形間を走る蔵王エコーラインの開通の頃には、冬の間牛舎にいた牛たちも牧草地へ放されていきます。

alt alt alt

 すっかり蔵王の残雪も消え、爽やかな風が心地よい七日原の夏。青々と育った牧草地で伸びやかに牛たちも過ごしています。

alt alt alt

 七日原の秋の訪れは早く、10月下旬には、蔵王の紅葉も見頃となります。牛たちも長い冬籠りの準備となります。

alt alt alt
alt

 蔵王の山からの冷たく重い風が厳しい七日原の冬。牛たちも牛舎の中で春が来るのを待ちわびています。春は、出産の季節…新しい仔牛たちに会うのが、今から楽しみです。


 

チーズフェア

alt

 11月上旬チーズ工場で開催のチーズフェアでは、チーズの特売のほかに、蔵王の地場産品の出店があります。

 蔵王チーズ特製のチーズフォンデューや七日原産高原大根を使った大根汁を味わうこともできます。

 無料バター作り体験や抽選会など催し物もございます。

alt