Home > センター概要

センター概要

 

 

alt 一般財団法人 蔵王酪農センター
〒989-0916 宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字七日原251-4
フリーダイヤル0120-150-302 / TEL 0224-34-3311 / FAX 0224-34-3313

 

 沿革
alt
昭和35年
  • 2月3日農林水産大臣許可のもとに、神奈川県厚木市に設立
  • 酪農経営を電化・機械化することにより合理化を図ることを課題として、名称を「財団法人酪農電化センター」とする。 初代理事長に益田元亮就任。
昭和36年
  • 多角的飼育の研究、大型機械による大規模草地造成維持実験、ミルカーの開発普及、電気牧柵器及びグラスインキュベーター(青草栽培機)の開発。
昭和39年
  • 本格的実験農場をめざして、宮城県蔵王町に110ヘクタールの土地を確保し移転。
  • 酪農の原点である草地酪農に着手。
昭和41年
  • 基礎開墾を終了、バンカーサイロ・牛舎・搾乳室等施設建設、搾乳牛の放牧管理実施。
昭和44年
  • 本格的農業気象観測の開始。
昭和45年
  • 温泉掘削成功。
昭和47年
  • 草地農業研修所「蔵王高原荘」建設。
昭和53年
  • 第2代理事長に山口巖就任。
昭和55年
  • 国産ナチュラルチーズ実験製造工場建設。(酪農事業の一貫体制確立の試験研究)
    ※開発研究品目~クリームチーズ、チーズケーキ、エダム、コーダ
  • 名称を「財団法人蔵王酪農センター」に変更。
昭和56年
  • 酪農安定特別対策事業による「国産ナチュラルチーズ製造技術研修会」を開始。
昭和57年
  • 乳製品・チーズ料理等普及店「チーズシェッド」開設。
  • モッツァレラチーズ及び裂けるチーズ(ホワイトザオー)の製品開発。
昭和58年
  • 乳製品・チーズ料理等普及店「チーズシェッド」開設。
  • モッツァレラチーズ及び裂けるチーズ(ホワイトザオー)の製品開発。
  • クリーミースプレット(オレンジ、ストロベリー)の製品開発。
昭和59年
  • 国産ナチュラルチーズ普及のため三越仙台店内に「チーズ普及コーナー」設置。
昭和60年
  • 酪農普及事業の一環として、ふれあい牧場「蔵王ハートランド」を開設。
昭和61年
  • 酪農普及店舗「ウインドフォール・ウインドデッキ・ウインドスクエア」建設。
  • 東京三越百貨店で国内初のチーズフェア開催。(財団主催により31社協賛)
昭和62年
  • チーズホエイ飲料「チーズドリンク」の製品開発。
平成 3年
  • 酪農ヘルパー専門技術員養成研修開始。
  • チーズ料理普及店「チーズハウス」開設。
平成 4年
  • 搾りたての「蔵王山麓牛乳」製造普及開始。
平成 5年
  • 手作りの「蔵王山麓アイスクリーム」製造普及開始。
平成 7年
  • 酪農ヘルパー研修施設整備事業により牛舎改築。
    (60頭フリーストール牛舎、4頭複列ヘリンボーン型ミルキングパーラー設置。)
平成 8年
  • 国産ブルーチーズ製造実験開始。
  • 酪農ヘルパー研修施設整備事業により農場研修棟改修。
  • 乳しぼり体験学習受入開始。
平成 9年
  • 草地改良5ヵ年計画に着手。(単年度8ヘクタール実施)
  • 財団イベント「第1回牧場感謝祭」及び「チーズフェア」開催。
平成10年
  • 乳飲料等研究開発のためHACCP対応の新工場建設。
  • 畜産営農環境等緊急整備事業によりチーズホエイ処理設備導入。
平成11年
  • チーズホエイの多用途開発研究開始。
  • 国産フレッシュモッツァレラチーズ製造実験開始。
  • 財団寄附行為の変更(通達改正により)
  • 畜産環境整備リース事業により糞尿処理設備導入。
  • ・配合飼料について非遺伝子組替飼料に切替。
平成12年
  • チーズ工場廃水処理設備増設
  • (社)中央酪農会議から「酪農教育ファーム」の認証授与
平成13年
  • 三越仙台店内の「蔵王チーズ普及コーナー」について初期の目的達成につき閉店。
平成14年
  • 5ヵ年にわたる採草地の改良終了。(48. 5ヘクタール)
平成15年
  • チーズホエイ用途開発の一環で「乳清のジャム」を製品開発。
  • 事務所前に大型トイレ及び地元産青果物等直売所建設。
平成16年
  • 地域畜産活用交流推進事業により「手作り体験館」及び「乳しぼり体験施設」を新設。
  • 殺菌乳ラインを含めたHACCPの更新取得。
  • 敷地内環境改善の一環としてバラ園を造成。
平成17年
  • 旧工場配管全面更新及び付帯施設等改修。
平成18年
  • チーズホエイの有効利用方法として、乳牛・和牛の子牛及び母豚への給与試験開始。
平成19年
  • 山口巖は名誉理事長に就任し、後任の第3代理事長に駒口盛就任。
平成20年
  • クリームチーズ充填機及びバター製造設備について老朽化のため更新。
平成21年 食品残さの茶殻にチーズホエイを加えた飼料、発酵TMRの試験生産と給与試験を開始。

平成22年

(社)宮城県畜産協会の委託を受け、エコフィード・発酵TMRの給与試験と研究を実施。

「緑と水の環境技術革命プロジェクト事業」により「チーズホエイを基材としたガセリシンA含有乳酸菌発酵ホエイの開発・研究」に取り組む。

平成23年

3月11日東日本大震災により被災するが、修復に努め、事業を早期復旧する。

11月9日、駒口盛は顧問に就任し、後任の第4代理事長に小原實就任。

 
平成25年 4月1日一般財団法人に移行する。